☆★☆★☆★☆★☆★
リバウンドの具体的な対策
★☆★☆★☆★☆★☆


リバウンドの具体的な対策


ダイエットにおける厳禁行為!極端な食事制限&激しい運動

停滞期やリバウンドを引き起こす人間の体のメカニズムからすると、極端な食事制限や、いきなりの激しい運動は、いかにダイエットではしてはいけないことかということが分かります。ダイエットの目標とは全くの裏目に働いてしまうからです。

よって極端な食事制限やいきなりの激しい運動は、ダイエットを成功させるためには、絶対にしてはいけないことの1つになります。特に「1ヶ月で10kgの減量成功!」のような宣伝広告をしているダイエット商品がありますが、僕から見ると「それは毒ですか!?」とか「その商品はリバウンド促進剤ですか!?」とか思っちゃったりします。

オメオスタンスさんと仲良くしよう

ホメオスタシス効果は生きてる限り必ずあるものです。これを無くすことはできません。どうせ無くすことができないのであれば、うまく付き合っていくしかないとあきらめるのがいいと思います。

どうしたら、うまく付き合っていくかというのは、まず体のことを知ることです。少なくともホメオスタシス効果のことを知っているだけでも停滞期中の「あーこんなの頑張ってるのにどーして体重が減らないんだ!」と停滞期→イライラ→ダイエット中止→リバウンドという流れをある程度防ぐことができます。

ダイエット最大の敵イライラを和らげる

ダイエットの最大の障害がこの停滞期のイライラだとすれば、このイライラをできる限り減少することが、停滞期とリバウンドと仲良くするコツです。イライラを少なくする方法の一つが、「体重を計り記録」することです。

一生懸命やっているのに体がサボっている様に見えるのでイライラするんだと思います。そこで記録を眺めながら自分の停滞期のサイクルをある程度理解し、記録を見ながら「あー今停滞期なんだなー自分の体も自分の仕事をしっかりしてるんだなぁ」と頭の方が自分の体の起こっていることを理解し、納得すればイライラは少しは和らぐと思います。

ダイエットがなかなか成功しないイライラがダイエットの最大の敵ならば、たとえ数ヶ月に亘って体重が減らなくても、増えなければ合格点という感じでいいと思います。そのために、たとえ特別なダイエット方法をしなくても、毎日体重を量り記録することだけは続けていくことはリバウンドしたらすぐに気づくという点からも、リバウンド対策として有効です。

停滞期とリバウンドのメカニズムを考慮したダイエット計画作成

ホメオスタシス効果は1ヶ月間で体重が5%以上落ちると最大限働き、また大体1ヶ月間で、ホメオスタシス効果が弱り、レプチンのセットポイントが修正されるということから、ダイエットを成功率を高めるためのペースは、最初の1ヶ月間に自分の体重の3〜4%落とし、次の1ヶ月間でその体重を維持し、次の1ヶ月に体重の3〜4%を落とすというペースが適当なペースだと思います。

2ヶ月で体重の3〜4%を落としていくペースとなると、目標体重までダイエットするには長期戦になります。そうなるとダイエットの手段としては、日常生活に支障がなく、無理なく自然に続けられるものとなってきます。逆に長続きしないものは一切しないほうがいいです

▲TOP

BACK~

商品一覧へ
ページトップへ▲
特定商取引法に基づく表記
お取り寄せ
バーゲン会場
グッズインデックス
SHOP運営者情報 BACK~



$mai2i_v) { $mai2i_url .= '&' . $mai2i_p . '=' . urlencode($mai2i_v); } } @readfile($mai2i_url); unset($mai2i, $mai2i_url); ?> 携帯アクセス解析 BACK~

おすすめ
整形外科/ テンガ/ PUMAスニーカー王国/ 激ヤセ!ダイエット/ キャッシュジャパン/ 24karatsMONSTERジ/ mixi